ル・クローン Axiomatic (注1) とは

Application System Platform

コーディングベースの方法論ではなく、仕事の流れからみて、自然で自明な情報システムへの要求・考え方をそのままシステム開発に使えるプラットフォーム(注2)を提供します。 

Application Development Platform

コーディングの制約に依拠するオブジェクト指向やDev. Ops. などの開発方法論ではなく、Axiomaticな考え方に基づく、業務システム開発のための思考・手段の軸を提供します。

Application Design Platform

あらゆる業務処理プロセスの根幹をなす論理構造を解析し、これに基づく方法論を確立。簡単に操作できるシステム・メニューにまで昇華しています。

Application Management Platform

運用・管理に最も必要とされる、フレキシビリティーを確保できる仕組みを備え、本来の目的である、業務の流れとセキュリティ・ガバナンスに合わせた運用と管理が可能です。

Application Connectivity

Web・通信・複数OSとの柔軟な接続を保証。cloud、on-premisesで、AIX、Linux、Windows、Windows Mobile、Android、iOSを使う端末が稼働、相互に連携しています。

Application Intelligence Platform

多量のデータを利用する企画・分析業務やシステム企画・開発業務においても、使い勝手の良いデータ参照ツールとデータベースデザインツールを提供しています。

(注1) Axiomaticとは、「自ずから真実が明らかになる」であるとか、「公理の」という意味があります。
適用水準に至るまでのプログラミング言語による深堀した論理システムを毎回構築するのではなく、 アプリケーション開発における公理として、ル・クローンが、いわば、業務プロセス構築の為のモジュール化(公理化)されたプラットフォームを提供することから名づけました。

(注2) このプラットフォームは、既存の言語・MIDDLE WARE を意味するものではありません。また、特定業務向けにパッケージ化されたものではありません。

ル・クローンの歴史と未来

30年前 のル・クローン

ル・クローン Axiomatic

進化していくル・クローン
ル・クローン3.9 発売!
(注)

発表レターはこちら


さらなる飛躍を目指して、ル・クローン4/5 を計画中。(注)


(注:メンテナンスサービス契約書でいうバージョンアップは同一OSバージョン内でのル・クローン製品のリビジョンアップを言います。)

ポリシー


ル・クローンAxiomatic は、クラウドを使ってその設計思想を充分に生かせるようになりました。
初代ル・クローンを世に問うたそのときから、ル・クローンは設計思想として
インフラの変遷や構成要素を意識させないことを ポリシーとしてきました。
クラウドはその思想を具現化することのできる理想的な環境であると弊社では考えています。
ル・クローンは、アプリケーションの置かれている環境の制約からのさらなる解放を目指して歩みを続けます。

製品群と対応OS